【東京都青梅市空き家】アラフィフ世代の子供の頃を、ドラマで復活させませんか?

【スローライフな昭和の懐かしさが残る家】
〜東京都青梅市御岳空き家〜

 
 
この空き家は、昭和44年に建築されました。
 
 
 
私と同い年なので、今年築52年を迎えることになります。

 
トイレ、浴室などのリフォームや一部増築、
定期的な清掃・空気の入れ替えで、
半世紀経ったとは思えない、きれいな室内です。
 
 
 
1階には6畳と8畳の和室の続き間、
そこに縁側を兼ねる納戸スペースが連なります。

 

 
他に8畳の洋室と、
キッチン、トイレ、お風呂、洗面所があり、
 
ご夫婦お二人なら、
1階スペースで平屋の家のように、十分生活できます。
 
 
 
2階には8畳洋室、6畳和室があります。
 
 
 
8畳のお部屋は、2人の子供部屋として、
6畳のお部屋は2階廊下から出入りできるので、
客間としても利用できます。

 
このような昔ならではの間取りの室内で、
どのような撮影シーンが考えられるでしょうか?
 
 
 
私がお世話になっている元TVディレクターは
1階に広く和室がつながっていれば、
 
家族が一緒にいるシーンに向いているのでは?
 
とお話しされていました。
 
 
 
遠くから家族を見守ったり、声をかけるシーン、
家族団欒、家族喧嘩のシーン

などが考えられそうです。

 
 
 
また、1階縁側や2階廊下などは、
今新築される家にはあまり見られないので、
昭和のこの時代ならではの建築ともいえます。
 
 
 
昭和の家族生活、もっと言えば、
私たちアラフィフ世代の子供の頃の生活を
表現するのに向いていることでしょう。
 
 
 
50〜60代の人の昔を回想するシーンや、
昭和の生活を再現するシーンに、
この空き家は活かせるのではないでしょうか?
 
 
 
古い家だからといって、
壊そう、直そうとするばかりではありません。
 
 
 
その家での昔の生活自体が、財産であり、
今の世の中に語り伝えたいことです。
 
 
 
私たちアラフィフ世代が育った、
古き、良き昭和の生活を、
 
今一度世の中にアピールして、
古い空き家を活かしていきたいですね。
 

関連記事

  1. 【佐渡ヶ島土地】世界遺産登録推薦で注目の島で、どんなロケができるの?

  2. 【赤城山麓の隠れ家山荘】どんなロケシーンが考えられますか?

  3. 【東京都青梅市御岳 古民家】ワーケーションでの活用を始めました!

  4. 空き家の壁の中、見たことありますか?(東村山市多摩湖町空き家:リフォーム工事途中)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA