空き家の壁の中、見たことありますか?(東村山市多摩湖町空き家:リフォーム工事途中)

あなたは、空き家の壁の中を見たことがありますか?

 

東京都東村山市多摩湖町にあるこの家は、
築44年の古い空き家ですが、
ただ誰も住んでいないのではなく、
リフォーム工事の途中の状態の空き家です。

 

もともとオーナーの計画では、
リフォームをして、人に貸そうとしていたのですが、
諸事情でリフォーム工事をする時間が十分に取れず、
工事途中のままになってしまいました。

 

そのため、
家の構造がむき出しになったままの状態になり、
一般の人は普段はあまり見ることがない
壁の中の状態をみることができます。

 

オーナーが最初に壁を剥がして壁の中を見た時は、
「耐震補強がされていない昔の家」
という印象だったそうです。

 

昔大工さんだったオーナーは、
これではいかん!と思いたち、
数年前に耐震補強工事を実施されたとのことです。

 

そのため、この家を見ると、
家の耐震補強はどのようにされていて、
耐震工事はどんなことをするのか?
はっきりと確認することができます。

 

耐震補強は、
筋交という斜めの木材を、
柱と柱の間に打ちつける方法で行っています。

 

よく古い学校やビルなどで、
×の形で鉄の棒が打ち付けてあるのを
見かけたことはありませんか?

 

その鉄の棒が木材になったものだと
イメージするとわかりやすいです。

 

実際の工事された後の様子はこのような感じです↓


このような木材を打ち付けることで、
地震の揺れに、今よりも数段強くなり、
安心してこの家に住むことができるようになります。

 

昭和56年6月1日以降に建築確認を取得した家は、
新耐震基準で建てられていて、
それ以前に建築確認を取得した家よりも、
耐震性が上がっている家と判断できます。

※建築確認とは、分かりやすくいうと、
法律の基準を満たした家を建てることを、
行政が許可する手続きのことです。

 

この家は昭和52年に建てられているので、
新耐震基準は満たしていませんし、

そもそも、
行政へ申請した図面とは違う家が建っているので、
耐震どころか、
当時の法令に沿った家だったのかも分かりません。

 

そんなことしていいの?と思うかもしれませんが、
この家のように申請した図面と
実際に建てた家が違うことは、
昔の家では結構多くあります。

 

少し話がそれましたが、
もし、家の解体現場などで、
壁の中を見る機会があるようなら、

耐震補強されているかどうか?
ちょっと気にしてみて見てくださいね。

 

東村山市多摩湖町空き家の詳細は
以下URLをご覧ください↓
https://location-akiya-jikka.com/archives/introduce/東村山市多摩湖町空き家

関連記事

  1. 【東京都青梅市御岳 古民家】ワーケーションでの活用を始めました!

  2. 【赤城山麓の隠れ家山荘】どんなロケシーンが考えられますか?

  3. 【佐渡ヶ島土地】世界遺産登録推薦で注目の島で、どんなロケができるの?

  4. 【東京都青梅市空き家】アラフィフ世代の子供の頃を、ドラマで復活させませんか?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA